Nuxt.jsで行ったSEO対策まとめ

Nuxt.jsで行ったSEO対策をまとめました。
抜け漏れがないか確認してみてください。参考になれば幸いです。

Google Analyticsを設定する

ユーザーの行動や数を把握するために、Google Analyticsを設定しましょう。

計測しなければSEO対策のゴールや成果がわかりません。

Nuxt.jsにGoogle Analyticsを導入する方法

サイトマップを送信する

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信することで、ページのインデックス状況や検索パフォーマンスを確認することができます。

Nuxt.jsでサイトマップを設定する方法

canonicalを設定する

canonicalはの正規化です。ページの評価分散やGoogleのペナルティを防ぎます。

<link rel="canonical" href="リンク">

Nuxt.jsでcanonicalを設定する方法

noindexを設定する

noindexは、価値の低いページを検索結果に表示させないようにして、サイト全体の評価を下げるのを防ぎます。

<meta name="robots" content="noindex" >

Nuxt.jsでnoindexを設定する方法

nofollowを設定する

nofollowは、外部リンクをページの評価(ページランク)に含めないようにします。

<a href="リンク先URL" rel="nofollow">リンクテキスト</a>

また、markdown-itのプラグインを使えば簡単に設定することができます。

Nuxt.js×markdown-itで記事を表示する方法

ページスピードを改善する

Googleが用意している「Light House」や「ページスピードインサイト」でサイトのスピードを計測することができます。その他にも「画像の軽量化」や「次世代画像フォーマットの使用」「遅延読み込み」などが挙げられます。

また、Nuxt.jsにはパフォーマンス改善に役立つ機能が用意されています。

Nuxt.jsで不要なライブラリを洗い出す方法

パンくずリストの設置

Nuxt.jsを使用しているので、コンポーネント化して使いまわしています。

メタキーワードの設定

HeadlessCMSのContentful側で記事モデルに設定してます。

記事と関連性の高いキーワードを2~3ワードで設定しています。

<meta name="keywords" content="キーワード">

メタディスクリプションの設定

こちらもHeadlessCMSのContentful側で記事モデルに設定してます。

大体記事の冒頭の文章を設定することが多いです。

<meta name="description" content="説明">

OGPタグの設定

Twitterを含めたOGPタグを各ページに設定しています。
OGP(Open Graph Protcol)は、記事がシェアされたときの設定です。

head() {
  return {
    meta: [
      { hid: "og:site_name", property: "og:site_name", content: "サイト名" },
      { hid: "og:type", property: "og:type", content: "website" },
      { hid: "og:url", property: "og:url", content: "サイトURL" },
      { hid: "og:title", property: "og:title", content: "サイトタイトル" },
      { hid: "og:description", property: "og:description", content: "ディスクリプション" },
      { hid: "og:image", property: "og:image", content: "サイトイメージ" },
      { hid: "twitter:image", name: "twitter:image", content: "サイトイメージ" },
      { name: "twitter:card", content: "summary" },
      { hid: "twitter:site", name: "twitter:site", content: "TwitterID" }
    ],
  }
}

明示的なタイトルをつける

  • 解決できる課題をタイトルで示す
  • 分かりやすいタイトルにする

上記を心がけています。

記事の質を上げていく

  • 冒頭に結論
  • 読みやすさ
  • 分かりやすさ

上記を意識して書いています。

キーワードを考える

などのWebサイトでニーズのある検索を調べることができます。闇雲に記事を書くのは良くないので、自分の興味のある分野×ニーズのある記事を書いていきましょう。