JS正規表現まとめ

2021年05月11日
2021年05月12日

URLの切り取り

SHA256が入ってくるイメージ。

1const paragraph = '/invite/77/example'; 2const regex = /^\/invite\/\d+\/[A-Za-z0-9]+/; 3const found = paragraph.match(regex); 4 5console.log(found); 6// => Array['/invite/77/example'] 7console.log(regex.test(paragraph)) 8// => true

先頭の`/`を空にする。

1let url = found[0] 2url = url.replace(/^\//, '') 3// => 'invite/77/example'
  • `^` 行の先頭にマッチする
  • `+` 直前の文字の1文字以上の繰り返しにマッチする
  • `\d` 数値

オプション

  • `/g`: 全体を検索するか。ない場合、一度マッチしたら終了する。
1const regex = /^\/invite\/\d+\/[A-Za-z0-9]+/g;

SHA256

  • 16進数で64桁の値を返す。
  • 256bitのデータ量
  • 0~9+A~Fまでの16種類の文字列をハッシュとして返す

参考

JavaScript 正規表現まとめ