maoOS Big Sur でJAVA_HOMEにJava 8 設定する方法

ツイート
2020年12月09日
2021年07月30日

環境

  • macOS Big Sur v11.4

Androidアプリケーション開発のために、設定しています。

存在するJavaの確認

存在するJavaを確認します。

v8v14が確認できます。

sh
/usr/libexec/java_home -V
sh
$ /usr/libexec/java_home -V Matching Java Virtual Machines (2): 14.0.2 (x86_64) "Oracle Corporation" - "Java SE 14.0.2" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-14.0.2.jdk/Contents/Home 1.8.0_202 (x86_64) "Oracle Corporation" - "Java SE 8" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_202.jdk/Contents/Home /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-14.0.2.jdk/Contents/Home

Oracle Java 8 (JDK) インストーラのダウンロード 記事

Oracle Java 8 ダウンロード リンク

Java 8 はコチラを参考にインストールしました。

追記: Homebrewでもインストールできるみたい

MacのBrewで複数バージョンのJavaを利用する + jEnv

JAVA_HOMEとPATHの指定

.zshrc.bashrcJAVA_HOMEPATHを設定します。

sh
export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.8.0_202` PATH=${JAVA_HOME}/bin:${PATH}

バージョン確認

sh
$ java -version java version "1.8.0_202" Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_202-b08) Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.202-b08, mixed mode)