シェルスクリプトの基本知識

2021年05月06日
2021年05月26日

シェル

シェルとは「オペレーティングシステムと対話するためのインターフェイス」であり、コマンドなどを制御する「環境」のこと。

シェルは初期化というプロセスを行い、環境変数などを読み込む。`.zshrc`などもこの時に読み込まれる。

環境変数

ターミナルの環境で使用できる変数。 PATHやSDKの設定などの変数は永続的に使いたいので、`.bash_profile`や`.zshrc`などの設定ファイルに記載(`export`)し、ターミナル起動時に読み込むようになっている。

シェル変数

現在実行中のシェルだけで有効な変数。

環境変数とシェル変数の違い

シェル変数: 現在実行中のシェルだけで有効な変数。 環境変数: シェルから実行したコマンドにも引き継がれる変数

`~/.zshrc`

1TEATURE="馬良" 2export TEATURE2="馬謖"

`example.sh`

1#!/bin/bash 2echo $TEATURE 3echo $TEATURE2
1$ sh example.sh 2 3馬謖

$TEATUREはシェル変数なので、表示されない。$TEATURE2は環境変数なので表示される。

export

環境変数を定義/リスト表示するコマンド。

1export 2# または 3export -p

でリストを確認できる。

mv

ファイル名・ディレクトリ名の変更

1mv before_name after_name 2mv before_name/ after_name/

tree

1brew install tree
1tree -L 1 # Current dirから1下層までディレクトリを描画する 2tree -L 2 # Current dirから2下層までディレクトリを描画する

参考