Laravel(PHP)で配列操作とログの確認

PHP Laravel

環境

  • Laravel

型の確認

型の確認

Log::info(gettype($value));
=> array

確認

tail -f storage/logs/laravel.log 

オブジェクトや配列のLog出力
(Laravelのバージョンによっては普通にLog::info();で確認できる)

Log::debug(print_r($user, true));

Modelオブジェクトの確認

get()を使用し、Modelオブジェクトを使用する。

$users = User::where('some_id', $some_id)->get();
Log::info($users);
foreach($users as $user) {
  Log::info($user);
}

json_encode()

オブジェクト型の場合は、json_encode()を使用する。

Log::info(json_encode($obj));

array_push()

array をスタックとして処理し、渡された変数を array の最後に加える。

$stack = array("荀彧", "荀攸");
array_push($stack, "郭嘉", "程イク");
print_r($stack);

Array
(
    [0] => 荀彧
    [1] => 荀攸
    [2] => 郭嘉
    [3] => 程イク
)

in_array()

配列に値があるかチェックする。true/falseが返ってくる。

$ary = ['曹操', '劉備', '孫権'];
print_r(in_array('劉備', $ary));
// 1

命名規則

  • 変数名: スネークケース
  • メソッド名: ロワーキャメル

参考